• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覚醒剤所持 中国で拘束された市議は嵌められたのか

 市議会議員が覚醒剤所持の疑いで中国で身柄拘束され、人口14万人の愛知県稲沢市は15日大揺れだった。

 拘束された桜木琢磨市議(70)は5期目のベテラン。32年前に設立した貿易会社「スカイウェイ産業インターナショナル」の社長でもあり、そちらの仕事の関係で訪中したようだ。先月29日に中国へ渡航。31日に広東省広州の白雲国際空港から帰国する際、手荷物検査でスーツケースの中から覚醒剤3キロが見つかった。本人は容疑を否認しているという。

 それにしたって、覚醒剤3キロだ。ポケットに少し入っていたという量じゃない。日本への密輸と疑われているようだ。中国では麻薬の密輸は重罪で、最高刑は死刑。実際に2010年に日本人4人が死刑執行されている。5期当選の市議がそのニュースを知らないはずはないだろうに、一体、何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る