覚醒剤所持 中国で拘束された市議は嵌められたのか

公開日: 更新日:

 市議会議員が覚醒剤所持の疑いで中国で身柄拘束され、人口14万人の愛知県稲沢市は15日大揺れだった。

 拘束された桜木琢磨市議(70)は5期目のベテラン。32年前に設立した貿易会社「スカイウェイ産業インターナショナル」の社長でもあり、そちらの仕事の関係で訪中したようだ。先月29日に中国へ渡航。31日に広東省広州の白雲国際空港から帰国する際、手荷物検査でスーツケースの中から覚醒剤3キロが見つかった。本人は容疑を否認しているという。

 それにしたって、覚醒剤3キロだ。ポケットに少し入っていたという量じゃない。日本への密輸と疑われているようだ。中国では麻薬の密輸は重罪で、最高刑は死刑。実際に2010年に日本人4人が死刑執行されている。5期当選の市議がそのニュースを知らないはずはないだろうに、一体、何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る