5週間ぶりガソリン値上がり 「原油高騰」のカギ握るOPEC総会

公開日:  更新日:

“狂乱物価”の前触れか。経産省資源エネルギー庁の30日の発表によると、レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が、前回調査より1.1円高い139.9円となった。値上がりは5週間ぶり。米国の原油生産が減少するとの見方が広がり、原油価格が上昇したことが原因だ。

 米国産標準油種WTIの価格は3月17日に1バレル=43ドル台にまで落ち込んだが、あれよあれよという間に59ドル台まで、わずか1カ月半で16ドルも高騰している。日銀の見通しでは、16年度末にかけて70ドルまで上昇するという。一体どこまで値上がりするのか。

「6月のOPECの総会が大きなカギを握っています。ヘッジファンドなどの投機家は、OPECが減産に舵を切るとみて先物買いに走っているようです」(ネクスト経済研究所の斉藤洋二代表)

 1バレル=100ドルまで高騰するという声まで出始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る