日銀が掲げる2%は無理…4月には「物価上昇率マイナス」も

公開日: 更新日:

 市場が騒然としている。30日に公表された全国消費者物価指数(12月分、生鮮食品除く)は19カ月連続でプラスを記録したが、上昇幅は11月の2.7%から0.2ポイント縮小し2.5%となった。

 この結果に、市場関係者は「原油安の影響は想像以上。このままだと、物価上昇率がマイナスに転じるのは時間の問題でしょう」と驚愕している。

 昨年4月の消費税増税の影響(2%)を除くと、12月の物価上昇率はわずか0・5%だ。この上昇率はここ数カ月、下がり続けている。9月1.0%、10月0.9%、11月0.7%、そして12月は――。数値を見る限り、マイナス突入を危惧する声が出てきて当然だろう。

 物価の押し下げ要因はガソリン・灯油などエネルギー価格の値下がりだ。

「11月までガソリン、灯油とも前年同月比でプラスを維持していましたが、12月はマイナスに転じた。原油安の影響が色濃く出始めたのです。1月分以降は減少幅が拡大していくことになるでしょう」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る