吉野家も大幅値上げ 輸入牛高騰で牛丼が“高値の花”になる

公開日:  更新日:

 ラーメンに続き、牛丼まで“高値”の花となるのか。

 今月17日から25商品の値上げを発表した「吉野家」。定番の牛丼・並盛は300円から380円へ3割弱もアップ。理由は、材料の米国産牛肉が出荷量減少などで価格高騰。加えて急激な円安による輸入価格上昇が追い打ちとなった。牛丼に使う米国産ばら肉の国内卸売価格は、10月に1キロ当たり1080円。前年同月(555円)の約2倍に跳ね上がっている。

 吉野家の決断はライバル店にも影響を与えそうだ。すでに「松屋」は7月から首都圏を中心に牛丼・並盛を290円から380円に値上げ。

「顧客ニーズに合わせ牛肉の質を上げたため。今後は未定で、なんとも言えません」(広報担当者)

「すき家」も8月に牛肉の仕入れ価格上昇を理由に、牛丼・並盛を250円から270円にアップ。「なか卯」は4月の増税前に牛丼を打ち切り、牛すき丼(並・350円)に切り替えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る