吉野家も大幅値上げ 輸入牛高騰で牛丼が“高値の花”になる

公開日: 更新日:

 ラーメンに続き、牛丼まで“高値”の花となるのか。

 今月17日から25商品の値上げを発表した「吉野家」。定番の牛丼・並盛は300円から380円へ3割弱もアップ。理由は、材料の米国産牛肉が出荷量減少などで価格高騰。加えて急激な円安による輸入価格上昇が追い打ちとなった。牛丼に使う米国産ばら肉の国内卸売価格は、10月に1キロ当たり1080円。前年同月(555円)の約2倍に跳ね上がっている。

 吉野家の決断はライバル店にも影響を与えそうだ。すでに「松屋」は7月から首都圏を中心に牛丼・並盛を290円から380円に値上げ。

「顧客ニーズに合わせ牛肉の質を上げたため。今後は未定で、なんとも言えません」(広報担当者)

「すき家」も8月に牛肉の仕入れ価格上昇を理由に、牛丼・並盛を250円から270円にアップ。「なか卯」は4月の増税前に牛丼を打ち切り、牛すき丼(並・350円)に切り替えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る