いきなり2割値上げ ブームのウイスキーは高嶺の花になる

公開日:  更新日:

 酔いもさめる。というか、夜の飲食業界に激震が走っている。

 ウイスキー国内最大手のサントリースピリッツが1日から、国産ウイスキーの「山崎」や、輸入スコッチの「ザ・マッカラン」など39品目を最大で25%も値上げした(別表参照)。

 サントリーの高級国産品の値上げは08年9月以来6年半ぶりで、円安による原材料費や輸入価格の高騰などを理由に挙げている。もうこれ以上、コストアップの影響を企業努力だけで吸収するのは難しい状況、ということらしい。

 東京・銀座のバーテンダーは、こう言ってタメ息をつく。

「さすがに2割アップというのは、これまで聞いたことがない。バーテンダー同士でも『値上げせざるを得ないね』なんて話しています。そもそもチーズなどの食料品も高騰していますし……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る