• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NYタイムズ「せこい」 舛添知事辞職を海外メディアも速報

 15日の舛添都知事の辞職表明を受け、海外各メディアも速報している。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は15日、日本語の「せこい」という言葉を使い報じた。記事では、自民党の神林茂都議が舛添氏を「あまりにせこい」と批判したエピソードを紹介。舛添氏の行動を表す言葉として、「せこい」が最も頻繁に使われたことや、税金を使って温泉旅行に行き、人々の怒りを買ったことなどを伝えている。

 AP通信は、舛添氏が政治資金を「個人的な休暇や趣味に使った疑いで、都議会で追及を受けた」と報じ、2020年の東京五輪についても公式エンブレムの白紙撤回や招致疑惑に続き、「また頓挫」と伝えた。ロイター通信は、「舛添知事がいなくなっても五輪準備に影響はない」とした五輪関係者の話を報道。

 一方、英BBC放送(電子版)は、「安倍首相の自民党に逆風になるかもしれない」と7月の参院選への影響を指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る