官邸と“深い仲” 櫻井翔パパが舛添氏後任に期待されるワケ

公開日: 更新日:

 自民党は早速、辞職した舛添氏の後任の「勝てる候補」探しを始めている。

「次は知名度優先の人気投票ではなく、実務家の方がいいのではないか、という声もあって、今度退任する副知事2人に打診したものの、断られたそうです。そこで白羽の矢が立ったのが、17日に退任する総務省の櫻井俊事務次官(62)。息子はジャニーズの超人気グループ『嵐』の櫻井翔ですから、無党派層からの支持も見込めます」(官邸関係者)

 その櫻井氏は15日夕方、報道陣の取材に応じ、「出るつもりはありません」と都知事選出馬の意向を否定したものの、当然、今の段階で立候補を表明するバカ正直などいないから、フタを開けてみなければ分からない。実は櫻井氏は官邸とズブズブの関係にある。

「電波・通信事業一筋の人で、NTTの分割も担当した。世耕官房副長官とは当時から良好な関係を築いています。官僚人事にニラミを利かせる菅官房長官の覚えもめでたく、菅さんが総務大臣の時に大臣官房総括審議官に引き立てられた。民主党政権時代には、電波オークション法案に反対する自民党総務族の代弁者として暗躍。法案を潰した論功行賞で、第2次安倍政権でいきなり省ナンバー2の総務審議官に抜擢され、“菅人事”といわれました」(総務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る