日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官邸と“深い仲” 櫻井翔パパが舛添氏後任に期待されるワケ

 自民党は早速、辞職した舛添氏の後任の「勝てる候補」探しを始めている。

「次は知名度優先の人気投票ではなく、実務家の方がいいのではないか、という声もあって、今度退任する副知事2人に打診したものの、断られたそうです。そこで白羽の矢が立ったのが、17日に退任する総務省の櫻井俊事務次官(62)。息子はジャニーズの超人気グループ『嵐』の櫻井翔ですから、無党派層からの支持も見込めます」(官邸関係者)

 その櫻井氏は15日夕方、報道陣の取材に応じ、「出るつもりはありません」と都知事選出馬の意向を否定したものの、当然、今の段階で立候補を表明するバカ正直などいないから、フタを開けてみなければ分からない。実は櫻井氏は官邸とズブズブの関係にある。

「電波・通信事業一筋の人で、NTTの分割も担当した。世耕官房副長官とは当時から良好な関係を築いています。官僚人事にニラミを利かせる菅官房長官の覚えもめでたく、菅さんが総務大臣の時に大臣官房総括審議官に引き立てられた。民主党政権時代には、電波オークション法案に反対する自民党総務族の代弁者として暗躍。法案を潰した論功行賞で、第2次安倍政権でいきなり省ナンバー2の総務審議官に抜擢され、“菅人事”といわれました」(総務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事