• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官邸と“深い仲” 櫻井翔パパが舛添氏後任に期待されるワケ

 自民党は早速、辞職した舛添氏の後任の「勝てる候補」探しを始めている。

「次は知名度優先の人気投票ではなく、実務家の方がいいのではないか、という声もあって、今度退任する副知事2人に打診したものの、断られたそうです。そこで白羽の矢が立ったのが、17日に退任する総務省の櫻井俊事務次官(62)。息子はジャニーズの超人気グループ『嵐』の櫻井翔ですから、無党派層からの支持も見込めます」(官邸関係者)

 その櫻井氏は15日夕方、報道陣の取材に応じ、「出るつもりはありません」と都知事選出馬の意向を否定したものの、当然、今の段階で立候補を表明するバカ正直などいないから、フタを開けてみなければ分からない。実は櫻井氏は官邸とズブズブの関係にある。

「電波・通信事業一筋の人で、NTTの分割も担当した。世耕官房副長官とは当時から良好な関係を築いています。官僚人事にニラミを利かせる菅官房長官の覚えもめでたく、菅さんが総務大臣の時に大臣官房総括審議官に引き立てられた。民主党政権時代には、電波オークション法案に反対する自民党総務族の代弁者として暗躍。法案を潰した論功行賞で、第2次安倍政権でいきなり省ナンバー2の総務審議官に抜擢され、“菅人事”といわれました」(総務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る