日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クボタが9年ぶりイグサ収穫機 「畳文化」継承の舞台裏

 畳表の原料となるイグサの生産が首の皮一枚つながった――。農機大手のクボタ(大阪市浪速区)が、イグサの収穫機「いぐさハーベスタ」の生産を約9年ぶりに復活させた。

 日本一のイグサ産地である熊本県八代市の農家の男性は「クボタさんが収穫機を再び造ってくれなければ、イグサ生産の廃業や大幅縮小が相次いだでしょう」と胸を撫で下ろす。クボタは2019年までに100台を生産・販売予定。今年6月からすでに29台を出荷している。ちょうど現在、収穫の大詰めを迎えているが、「いぐさハーベスタ」は大活躍しているという。

 イグサの収穫量は激減している。農水省の統計によると、07年のイグサの収穫量は1万5200トンだったが、昨年は8340トンと半分近くになっている。

「かつては、ほとんどすべての部屋で畳が使われていましたが、最近は、家を建てても、畳の部屋を1部屋置く程度。中国品の輸入の影響もある。価格は国産の3分の1程度。07年ぐらいから増えました」(農水省生産局地域対策官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事