クボタが9年ぶりイグサ収穫機 「畳文化」継承の舞台裏

公開日:

 畳表の原料となるイグサの生産が首の皮一枚つながった――。農機大手のクボタ(大阪市浪速区)が、イグサの収穫機「いぐさハーベスタ」の生産を約9年ぶりに復活させた。

 日本一のイグサ産地である熊本県八代市の農家の男性は「クボタさんが収穫機を再び造ってくれなければ、イグサ生産の廃業や大幅縮小が相次いだでしょう」と胸を撫で下ろす。クボタは2019年までに100台を生産・販売予定。今年6月からすでに29台を出荷している。ちょうど現在、収穫の大詰めを迎えているが、「いぐさハーベスタ」は大活躍しているという。

 イグサの収穫量は激減している。農水省の統計によると、07年のイグサの収穫量は1万5200トンだったが、昨年は8340トンと半分近くになっている。

「かつては、ほとんどすべての部屋で畳が使われていましたが、最近は、家を建てても、畳の部屋を1部屋置く程度。中国品の輸入の影響もある。価格は国産の3分の1程度。07年ぐらいから増えました」(農水省生産局地域対策官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る