クボタが9年ぶりイグサ収穫機 「畳文化」継承の舞台裏

公開日: 更新日:

 畳表の原料となるイグサの生産が首の皮一枚つながった――。農機大手のクボタ(大阪市浪速区)が、イグサの収穫機「いぐさハーベスタ」の生産を約9年ぶりに復活させた。

 日本一のイグサ産地である熊本県八代市の農家の男性は「クボタさんが収穫機を再び造ってくれなければ、イグサ生産の廃業や大幅縮小が相次いだでしょう」と胸を撫で下ろす。クボタは2019年までに100台を生産・販売予定。今年6月からすでに29台を出荷している。ちょうど現在、収穫の大詰めを迎えているが、「いぐさハーベスタ」は大活躍しているという。

 イグサの収穫量は激減している。農水省の統計によると、07年のイグサの収穫量は1万5200トンだったが、昨年は8340トンと半分近くになっている。

「かつては、ほとんどすべての部屋で畳が使われていましたが、最近は、家を建てても、畳の部屋を1部屋置く程度。中国品の輸入の影響もある。価格は国産の3分の1程度。07年ぐらいから増えました」(農水省生産局地域対策官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る