CL初のマドリード・ダービーは“世紀の大凡戦”になる!?

公開日: 更新日:

 チェルシー(イングランド)─アトレチコ・マドリード(スペイン)戦の第2レグ(日本時間1日早朝キックオフ)がアトレチコの完勝に終わり、24日の決勝は「CL初のダービー」となった。王者バイエルン・ミュンヘンを倒したレアルとのマドリード・ダービーである。

 堅守がウリのチーム同士の一戦は、地元チェルシーが有利と言われていた。実際、36分にFWトーレスが先制ゴールを決め、地元サポーターを狂喜乱舞させた。

 ところが前半終了間際にアトレチコのFWロペスが同点弾。これで息を吹き返したアトレチコは後半15分にエースFWジエゴ・コスタがPKを決め、27分にはMFトクランがダメ押しゴール! 40年ぶりのCL決勝にコマを進めたのである。

■1年で計5試合

 それにしても昨シーズのバイエルン―ドルトムント戦、02─03年シーズンのミラン―ユベントス戦、99─00年シーズンのレアル―バレンシア戦など「同国決戦」の例は少なくないが、やはり「オラが街のチーム同士」による欧州王者決定戦と言われてもピンとこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る