CL初のマドリード・ダービーは“世紀の大凡戦”になる!?

公開日:  更新日:

 チェルシー(イングランド)─アトレチコ・マドリード(スペイン)戦の第2レグ(日本時間1日早朝キックオフ)がアトレチコの完勝に終わり、24日の決勝は「CL初のダービー」となった。王者バイエルン・ミュンヘンを倒したレアルとのマドリード・ダービーである。

 堅守がウリのチーム同士の一戦は、地元チェルシーが有利と言われていた。実際、36分にFWトーレスが先制ゴールを決め、地元サポーターを狂喜乱舞させた。

 ところが前半終了間際にアトレチコのFWロペスが同点弾。これで息を吹き返したアトレチコは後半15分にエースFWジエゴ・コスタがPKを決め、27分にはMFトクランがダメ押しゴール! 40年ぶりのCL決勝にコマを進めたのである。

■1年で計5試合

 それにしても昨シーズのバイエルン―ドルトムント戦、02─03年シーズンのミラン―ユベントス戦、99─00年シーズンのレアル―バレンシア戦など「同国決戦」の例は少なくないが、やはり「オラが街のチーム同士」による欧州王者決定戦と言われてもピンとこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る