「ナガトモまで壊れたら…」 ボヤき止まらないザックの憂鬱

公開日:  更新日:

 日本代表ザッケローニ監督がソワソワ落ち着かず、コトあるごとに「ナガトモよ。おまえまでケガに倒れてしまったら、ワタシは一体どうすればいいのか?」と口にしているという。指揮官がボヤくのも無理はない。

 2月9日、DF内田篤人が右太もも裏肉離れと腱損傷で戦線離脱。2月末には、主将のMF長谷部誠が右ヒザ半月板を再手術。1月中旬に同じ部位の手術を受けたが、再発して「2人とも6月12日に開幕するブラジルW杯の出場が厳しい状況」(マスコミ関係者)ともっぱらだ。すると3月28日、主軸DFの吉田麻也まで右ヒザ靭帯を痛めて全治6週間。W杯出場に黄色信号である。
「次にケガ人が出るとすれば、その有力候補がインテルDF長友です」と某サッカー記者が言う。

■体調は下り坂

「13年2月、4月に左ヒザを痛めて昨年暮れにも再発した。保存療法で手術を回避。本人は完治したと言い張るが、3月15日の敵地ベローナ戦に帯同しながらメンバー外になったり、最近も練習中に左ヒザの違和感を訴えてみたり、コンディションは下り坂です。セリエA28、29節と筋肉疲労で先発から外れ、28日のウディネーゼ戦に3試合ぶりに先発したが、いつものアグレッシブな動きが鳴りをひそめた。代表チームメートにケガ人続出。ケガを避けるためにセーブしている感じだった」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る