• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チェルシーとレアルがCL準決勝進出 まるでW杯の“見本市”

 欧州CL準々決勝ともなると超名門クラブばかり。所属する選手たちは、強豪国の代表選手がズラリ勢ぞろいだ。

 先発11人中、ブラジルW杯に出場する国の代表選手が10人を数えるパリSG(フランス)は、同8人のチェルシー(イングランド)の地元ロンドンに乗り込んだ。

 第1レグを3─1で勝利したパリSG有利の試合は前半32分、チェルシーのドイツ代表FWシュールレが先制ゴール。この日2─0で勝ち上がりとなるチェルシーは、パリSGのしぶとい守りにてこずりながらも終了3分前、途中交代のFWデンバ・バ(セネガル代表=W杯不出場)の劇的弾で準決勝進出である。

 交代選手(MFキャバイエ=仏代表、FWパストーレ=アルゼンチン代表、DFマルキーニョス=ブラジル代表)3人全員がW杯出場国組だったパリSGは、エースFWイブラヒモビッチ(スウェーデン代表=W杯不出場)の戦線離脱がモロに響いた格好だ。試合終了後、まるでCLで優勝したかのように大喜びのチェルシーの選手。悄然(しょうぜん)として声もないパリSGの選手。実に鮮やかなコントラストをなしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る