引退日ハム稲葉 「球団職員&タレント」“二刀流”のデメリット

公開日:  更新日:

「二刀流」は大谷だけじゃなかった……。

 日本ハムが24日、今季で現役を引退した稲葉篤紀氏(42)を来年1月1日からチームの「スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)」に就任させることを発表。同時に、テレビやイベント出演などの専属マネジメント契約を結んだことも明らかになった。

 チームの企業理念に「地域との共生」を打ち出している日本ハム。この球団方針をもとに稲葉を今後、球団関連の社会貢献活動などを通じて「チームの顔」として起用しながら、テレビ出演や講演などの「タレント業務」なども管理していくという。

 球団が芸能事務所のように引退選手と「専属契約」を結び、テレビ出演を含めた芸能活動をサポートするのは異例である。「球団職員」と「タレント」という稲葉の「二刀流」は、うまくいくのだろうか。

 某広告代理店関係者に聞くと、「収入のことを考えればデメリットの方が大きいかもしれません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る