日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退日ハム稲葉 「球団職員&タレント」“二刀流”のデメリット

「二刀流」は大谷だけじゃなかった……。

 日本ハムが24日、今季で現役を引退した稲葉篤紀氏(42)を来年1月1日からチームの「スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)」に就任させることを発表。同時に、テレビやイベント出演などの専属マネジメント契約を結んだことも明らかになった。

 チームの企業理念に「地域との共生」を打ち出している日本ハム。この球団方針をもとに稲葉を今後、球団関連の社会貢献活動などを通じて「チームの顔」として起用しながら、テレビ出演や講演などの「タレント業務」なども管理していくという。

 球団が芸能事務所のように引退選手と「専属契約」を結び、テレビ出演を含めた芸能活動をサポートするのは異例である。「球団職員」と「タレント」という稲葉の「二刀流」は、うまくいくのだろうか。

 某広告代理店関係者に聞くと、「収入のことを考えればデメリットの方が大きいかもしれません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事