テレ朝“ポスト工藤”枠に元日ハム稲葉篤紀氏が急浮上

公開日: 更新日:

「『ポスト工藤』は誰になるの?」

 ソフトバンクの新監督に内定している工藤公康氏(51)は引退後、テレ朝の番組で活躍した。「報道ステーション」をはじめ、「熱闘甲子園」のキャスターなどを務めているものの、監督就任とともに降板することになる。テレ朝内からは「ここまで番組に協力してくれる人はいない」と惜しむ声が続出している。工藤氏の後任は誰か。

「引退した元日本ハム稲葉篤紀(42)が適役」とは、放送関係者だ。

「日本シリーズではゲスト解説で3連投と人気が集中した。日本ハムのスターで、国際大会の経験も豊富。解説の語り口は柔らかいし、内容も丁寧だ。ファンのイメージも良く、42歳と若いのでフットワークが軽いのも武器になる」

 稲葉は今後、侍ジャパンで内野守備走塁コーチを務め、日本ハムでアドバイザー的役職に就任するらしい。解説の仕事もやっていくというが、さて――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る