テレ朝“ポスト工藤”枠に元日ハム稲葉篤紀氏が急浮上

公開日: 更新日:

「『ポスト工藤』は誰になるの?」

 ソフトバンクの新監督に内定している工藤公康氏(51)は引退後、テレ朝の番組で活躍した。「報道ステーション」をはじめ、「熱闘甲子園」のキャスターなどを務めているものの、監督就任とともに降板することになる。テレ朝内からは「ここまで番組に協力してくれる人はいない」と惜しむ声が続出している。工藤氏の後任は誰か。

「引退した元日本ハムの稲葉篤紀(42)が適役」とは、放送関係者だ。

「日本シリーズではゲスト解説で3連投と人気が集中した。日本ハムのスターで、国際大会の経験も豊富。解説の語り口は柔らかいし、内容も丁寧だ。ファンのイメージも良く、42歳と若いのでフットワークが軽いのも武器になる」

 稲葉は今後、侍ジャパンで内野守備走塁コーチを務め、日本ハムでアドバイザー的役職に就任するらしい。解説の仕事もやっていくというが、さて――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る