• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝“ポスト工藤”枠に元日ハム稲葉篤紀氏が急浮上

「『ポスト工藤』は誰になるの?」

 ソフトバンクの新監督に内定している工藤公康氏(51)は引退後、テレ朝の番組で活躍した。「報道ステーション」をはじめ、「熱闘甲子園」のキャスターなどを務めているものの、監督就任とともに降板することになる。テレ朝内からは「ここまで番組に協力してくれる人はいない」と惜しむ声が続出している。工藤氏の後任は誰か。

「引退した元日本ハムの稲葉篤紀(42)が適役」とは、放送関係者だ。

「日本シリーズではゲスト解説で3連投と人気が集中した。日本ハムのスターで、国際大会の経験も豊富。解説の語り口は柔らかいし、内容も丁寧だ。ファンのイメージも良く、42歳と若いのでフットワークが軽いのも武器になる」

 稲葉は今後、侍ジャパンで内野守備走塁コーチを務め、日本ハムでアドバイザー的役職に就任するらしい。解説の仕事もやっていくというが、さて――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事