グッズもバカ売れ 日ハム稲葉「引退発表前倒し」のメリット

公開日: 更新日:

「発表の時期、タイミングを考えれば、やはり営業面での貢献を期待しているのでしょう」

 日本ハム関係者がこう話すのが2日に今シーズン限りでの引退を発表した稲葉篤紀(42)のことだ。

「引退」といえば、一昔前まではシーズン終了後に静かに球界を去るのが一般的だったが、今ではシーズン途中の発表が当たり前になってきた。

 それは引退発表を前倒しして、本拠地の集客につなげたい球団側の思惑があるからだが、それ以外にも理由がある。

 現在、日本ハムには中田、陽、大谷という若手スター選手がいる。そのファン層は主に20~30代という若い世
代。
 一方、スタンドのファン全員が跳びはねる「稲葉ジャンプ」という応援が本拠地で最も盛り上がるように、稲葉の人気は老若男女を問わない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  7. 7

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る