欧州CL 敵地でドローのV候補バイエルンに死角見えたか

公開日:  更新日:

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)が日本時間18日に再開され、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が敵地ウクライナに乗り込み、シャフタール・ドネツクと対戦した。

 序盤から攻め込んだのは、週末のリーグ戦でハンブルガーSVを8-0で蹴散らし、絶好調キープのバイエルンだった。

 開始早々、FWロッベンが右サイドから絶妙浮き球パス。これをMFシュバインシュタイガーがジャンピングボレーシュート! 惜しくもゴール左に外れたが、その後も試合を優位に進めた。

 しかし、シャフタールのタイトな守備にイライラさせられ、ラフプレーに走って6回の警告を受け、ついに後半20分にはMFシャビ・アロンソが退場処分となった。

「1人少ない10人になっても、バイエルンの攻撃力をもってすれば、十分にゴールを狙えるのですが、シャフタールのブラジル代表FWアドリアーノを中心にしたカウンター攻撃は侮れず、安全策をとって『スコアレスドローでOK』という戦い方でした。第2レグをシャビ・アロンソ抜きで戦うのは痛いが、同ポジションのシュバインシュタイガーのコンディションも上々だし、大きな問題ではありません。第2レグは地元の圧倒的な大声援を受け、キックオフ5分以内に得点して勝負を決してみせる! といった勢いで攻め入っていくでしょう」(スカパー解説者の鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る