サッカー代表「後任探し」難航 3月強化試合は日本人が代行か

公開日:  更新日:

 アギーレ日本代表監督のクビが飛んでから9日目の昨12日、日本サッカー協会理事会は、大仁邦弥会長(70)ら協会幹部3人の処分を了承した。

 大仁会長が「給与の50%を4カ月」、アギーレ氏の招聘に関わった原博実専務理事(56)と霜田正浩技術委員長(48)が「給与の30%を4カ月」、それぞれ自主返納することになった。任命責任については、契約前の身辺調査は難しく、解任までの手順に特に問題はなかったと理事会は判断し、自主返納以外の処分は科されない。

「当初は、給与の10%を3カ月返納ともっぱらでしたが、実際は予想以上の大幅減俸でした。ちなみに会長の年俸は2400万円、専務理事が1500万円といわれ、大仁会長は400万円を、原専務理事は150万円を返納します」(サッカー記者)

 ともあれアギーレ氏の八百長騒動は、この日の理事会で一応の決着を見た格好だが、もちろん現時点では後任監督は決まっておらず、日本サッカーの空白期間は継続中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る