サッカー代表「後任探し」難航 3月強化試合は日本人が代行か

公開日: 更新日:

 アギーレ日本代表監督のクビが飛んでから9日目の昨12日、日本サッカー協会理事会は、大仁邦弥会長(70)ら協会幹部3人の処分を了承した。

 大仁会長が「給与の50%を4カ月」、アギーレ氏の招聘に関わった原博実専務理事(56)と霜田正浩技術委員長(48)が「給与の30%を4カ月」、それぞれ自主返納することになった。任命責任については、契約前の身辺調査は難しく、解任までの手順に特に問題はなかったと理事会は判断し、自主返納以外の処分は科されない。

「当初は、給与の10%を3カ月返納ともっぱらでしたが、実際は予想以上の大幅減俸でした。ちなみに会長の年俸は2400万円、専務理事が1500万円といわれ、大仁会長は400万円を、原専務理事は150万円を返納します」(サッカー記者)

 ともあれアギーレ氏の八百長騒動は、この日の理事会で一応の決着を見た格好だが、もちろん現時点では後任監督は決まっておらず、日本サッカーの空白期間は継続中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る