まだ二転三転ある ラウドルップ“残留宣言”を鵜呑みにするな

公開日: 更新日:

 アギーレ後任報道で複数のスポーツメディアが、強力にプッシュしていた元デンマーク代表で現カタール1部レクワイヤ監督のミカエル・ラウドルップ(50)が、“現職残留宣言”をした。

 11日に母国デンマークのメディアに対し、「私はどこにも行かない。ラフウィヤと6月30日までの契約だ。我々はAFCチャンピオンズリーグに出場しているんだよ。私はカタールに残る。ほかのチームの監督候補リストに名前が出るのはとてもうれしいが、今はカタールを離れない」などとコメント。それをいくつかの英メディアが、報じたからだ。

 ラウドルップは、アギーレ後任の有力候補として複数のスポーツメディアが強力にプッシュしているが、これでリストから外れるのかといえば、そんなことはない。サッカー専門誌記者が言う。

「ラウドルップは、今月3日に監督が辞任したイングランドプレミアリーグのQPRと水面下で交渉中です。10日には、英紙ミラー電子版が『ラウドルップはQPRの意中の人』と報じ、年俸など具体的な条件を話し合っているともっぱら。おそらくラウドルップ側は、QPR相手に有利な契約を交わすための材料として、日本代表次期監督有力候補という情報を利用していたのです。今回のカタール“残留宣言”も、日本代表とQPRからよりいい条件を引き出すための駆け引きという可能性も否定はできません」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る