まだ二転三転ある ラウドルップ“残留宣言”を鵜呑みにするな

公開日:  更新日:

 アギーレ後任報道で複数のスポーツメディアが、強力にプッシュしていた元デンマーク代表で現カタール1部レクワイヤ監督のミカエル・ラウドルップ(50)が、“現職残留宣言”をした。

 11日に母国デンマークのメディアに対し、「私はどこにも行かない。ラフウィヤと6月30日までの契約だ。我々はAFCチャンピオンズリーグに出場しているんだよ。私はカタールに残る。ほかのチームの監督候補リストに名前が出るのはとてもうれしいが、今はカタールを離れない」などとコメント。それをいくつかの英メディアが、報じたからだ。

 ラウドルップは、アギーレ後任の有力候補として複数のスポーツメディアが強力にプッシュしているが、これでリストから外れるのかといえば、そんなことはない。サッカー専門誌記者が言う。

「ラウドルップは、今月3日に監督が辞任したイングランドプレミアリーグのQPRと水面下で交渉中です。10日には、英紙ミラー電子版が『ラウドルップはQPRの意中の人』と報じ、年俸など具体的な条件を話し合っているともっぱら。おそらくラウドルップ側は、QPR相手に有利な契約を交わすための材料として、日本代表次期監督有力候補という情報を利用していたのです。今回のカタール“残留宣言”も、日本代表とQPRからよりいい条件を引き出すための駆け引きという可能性も否定はできません」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る