まだ二転三転ある ラウドルップ“残留宣言”を鵜呑みにするな

公開日: 更新日:

 アギーレ後任報道で複数のスポーツメディアが、強力にプッシュしていた元デンマーク代表で現カタール1部レクワイヤ監督のミカエル・ラウドルップ(50)が、“現職残留宣言”をした。

 11日に母国デンマークのメディアに対し、「私はどこにも行かない。ラフウィヤと6月30日までの契約だ。我々はAFCチャンピオンズリーグに出場しているんだよ。私はカタールに残る。ほかのチームの監督候補リストに名前が出るのはとてもうれしいが、今はカタールを離れない」などとコメント。それをいくつかの英メディアが、報じたからだ。

 ラウドルップは、アギーレ後任の有力候補として複数のスポーツメディアが強力にプッシュしているが、これでリストから外れるのかといえば、そんなことはない。サッカー専門誌記者が言う。

「ラウドルップは、今月3日に監督が辞任したイングランドプレミアリーグのQPRと水面下で交渉中です。10日には、英紙ミラー電子版が『ラウドルップはQPRの意中の人』と報じ、年俸など具体的な条件を話し合っているともっぱら。おそらくラウドルップ側は、QPR相手に有利な契約を交わすための材料として、日本代表次期監督有力候補という情報を利用していたのです。今回のカタール“残留宣言”も、日本代表とQPRからよりいい条件を引き出すための駆け引きという可能性も否定はできません」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る