取材陣もビックリ 本田がアジア杯で“良い子”に豹変の裏事情

公開日:  更新日:

 貧しかった生い立ちが原因で人間不信に陥ったのか、真意を伝えないメディアに対する嫌悪感なのか、それとも単なるひねくれた性格の持ち主なのか――。

 日本代表FW本田圭佑は、メディアに尊大な態度で対応することが少なくない。取材ゾーンで50歳を過ぎたベテラン記者から声を掛けられても、平然と無視を決め込むことも多かった。ところが、アジア杯での本田は別人のようだった。

 オーストラリアでアジア杯を現地取材したサッカージャーナリストの森雅史氏がこう言う。

「アジア杯で本田は常に上機嫌でした。取材ゾーンで話さないと決めている日も、これまでと違って取材陣に会釈しながら通過したり、応対すると決めた日は、質問が途切れるまで真摯に答えていたのが印象的でした」

 優勝を狙う! とまで大言壮語しながらブラジルW杯は勝ち星なしの惨敗に終わり、さすがにバツが悪くてビッグマウスを封印。しおらしくなっただけ。そう話す関係者もいるが、実は本田ならではの裏事情があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る