取材陣もビックリ 本田がアジア杯で“良い子”に豹変の裏事情

公開日:  更新日:

 貧しかった生い立ちが原因で人間不信に陥ったのか、真意を伝えないメディアに対する嫌悪感なのか、それとも単なるひねくれた性格の持ち主なのか――。

 日本代表FW本田圭佑は、メディアに尊大な態度で対応することが少なくない。取材ゾーンで50歳を過ぎたベテラン記者から声を掛けられても、平然と無視を決め込むことも多かった。ところが、アジア杯での本田は別人のようだった。

 オーストラリアでアジア杯を現地取材したサッカージャーナリストの森雅史氏がこう言う。

「アジア杯で本田は常に上機嫌でした。取材ゾーンで話さないと決めている日も、これまでと違って取材陣に会釈しながら通過したり、応対すると決めた日は、質問が途切れるまで真摯に答えていたのが印象的でした」

 優勝を狙う! とまで大言壮語しながらブラジルW杯は勝ち星なしの惨敗に終わり、さすがにバツが悪くてビッグマウスを封印。しおらしくなっただけ。そう話す関係者もいるが、実は本田ならではの裏事情があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る