後任探し焦るサッカー協会 大事なのは強化よりスポンサー

公開日:  更新日:

 アギーレが解任されると日本サッカー協会では「再び八百長でクビなんて事態になったら恥の上塗り。次期監督は6月に始まるロシアW杯2次予選に間に合えばいい。じっくり選ぶべき」という声が湧き起こった。

 ところが、日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は「3月下旬の親善試合に間に合わせるために『これでいい』とはしたくない。ただ、ビザが間に合わなくても、親善試合までには(後任決定を)間に合わせたい」とコメントした。これは、取得に約2週間かかるビザの関係でベンチに入れずとも、何とかスタンドから日本戦を観戦してもらいたいという意思表明でもある。

 日本代表は、3月27日に大分でチュニジアと対戦。大会名は「KIRINチャレンジカップ2015」だ。特別協賛は、日本代表公式スポンサーのキリンビールとキリンビバレッジ。4日後の31日には、東京でウズベキスタン戦が行われる。こちらは「JALチャレンジカップ2015」。日本航空が初めて特別協賛に付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る