• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後任探し焦るサッカー協会 大事なのは強化よりスポンサー

 アギーレが解任されると日本サッカー協会では「再び八百長でクビなんて事態になったら恥の上塗り。次期監督は6月に始まるロシアW杯2次予選に間に合えばいい。じっくり選ぶべき」という声が湧き起こった。

 ところが、日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は「3月下旬の親善試合に間に合わせるために『これでいい』とはしたくない。ただ、ビザが間に合わなくても、親善試合までには(後任決定を)間に合わせたい」とコメントした。これは、取得に約2週間かかるビザの関係でベンチに入れずとも、何とかスタンドから日本戦を観戦してもらいたいという意思表明でもある。

 日本代表は、3月27日に大分でチュニジアと対戦。大会名は「KIRINチャレンジカップ2015」だ。特別協賛は、日本代表公式スポンサーのキリンビールとキリンビバレッジ。4日後の31日には、東京でウズベキスタン戦が行われる。こちらは「JALチャレンジカップ2015」。日本航空が初めて特別協賛に付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る