ミラン本田沈黙で欧州組総崩れ危機 「日本人は旬すぎた」の声

公開日:  更新日:

「ノロノロと走ってスピードの変化もない」
「彼は(自動車メーカーの)HONDAじゃなくてキックボードだった」

 開幕7試合6得点のミランMF本田圭佑(28)が2日のパレルモ戦で見せ場なしに終わり、後半途中でベンチ送りになった。チームは0-2で敗れ、ここ3試合勝ち星なし。そこでエースナンバー・背番号10の本田に地元メディアが酷評を始めた。

「ミラン攻撃陣はFWのトーレス、エルシャーラウィーのコンディションが上がらず、メネズは試合によって好不調の差が激しく、守備もサボってばかり。本田にかかる負担は大きくなるため、疲労がたまり運動量が落ちている」(サッカー専門誌記者)

 ミランの攻撃パターンも読まれている。これまで同じ右サイドのDFアバーテとのコンビプレーで何度も攻め入ってきたが、研究され尽くしてパレルモ戦も不発に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る