日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なでしこがオランダ下しW杯8強 有吉先制、阪口が追加点

 世界女王なでしこジャパン(世界ランキング4位)が、カナダW杯の準々決勝進出を決めた。

 日本時間24日午前11時キックオフの決勝トーナメント1回戦の相手、オランダ(同12位)を2-1で下した。

 前半10分、左サイドからMF宮間が左足でクロス。FW大儀見のヘディングシュートは、クロスバーを直撃して跳ね返った。相手DFのクリアボールに右SB有吉が駆け寄り、右足アウトにかけて強烈シュート! 先制弾が、ゴール左下に突き刺さった。

 今大会前からコンディションも良く、1次リーグからキレ味鋭いプレーを見せていた有吉の先発起用がズバリ当たった。

 オランダの持ち味は強力3トップ。欧州予選全47点中27点を3人で奪っている。試合序盤は3トップがスピードに乗った攻めを見せ、何度か日本ゴールを脅かす場面も見られた。しかし、前半20分になるとオランダ選手の足が止まり、単調な攻撃に終始するようになった。これを試合巧者なでしこは見逃さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事