チャーター機も初体験 なでしこ待遇面は4年前と“雲泥の差”

公開日: 更新日:

「とにかく初めてだったし、選手はビックリしながら機内で写真を撮ったり、映像を撮ったり、大騒ぎでした」とコメントした佐々木則夫なでしこジャパン監督も、その表情は緩みっ放しだった。

 なでしこジャパンは14日(日本時間)、カナダW杯1次リーグC組の第1戦、第2戦を戦った西地区バンクーバーから第3戦エクアドル戦(17日午前6時開始)開催地・中地区ウィニペグにチャーター機で移動した。

 08年北京五輪期間中にノルウェー代表と同じチャーター機で移動したことはあるが、単独チームでのチャーター機利用というのは初体験。それで大ハシャギだったのだ。

「W杯のチャーター機利用が当たり前の男子日本代表と違い、女子サッカーでチャーター機なんて夢のまた夢レベルの話です。女子選手たちがバカ騒ぎをしたのもムリはない」(現地取材記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る