日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ初代専任監督指摘 「存在感増したMF阪口は好材料」

 ニュージーランド、イタリアとのテストマッチをこなし、なでしこジャパンは6月1日午後、女子W杯が開催されるカナダに向かって旅立つ。

 11年W杯を制し、世界女王として2連覇を目指すわけだが、世界ランク4位の日本にとって実力上位国の1位ドイツ、2位アメリカ、3位フランスはもちろん、5位スウェーデン、6位イングランド、7位ブラジル……と強豪を相手に苦しい戦いを強いられるだろう。

 しかし、テストマッチ2試合をじっくりと観察して「明るい材料」を見いだすことが出来た。

 まずは「ボランチのMF阪口(夢穂=27)が存在感を増して、チームの展開力が4年前よりも向上した」ことである。

 ニュージーランド戦でベテランMF沢(穂希=36)とボランチのコンビを組んだ初W杯組のMF川村(優理=26)は、守備と運動量の面ではまずまずだったが、展開力の部分で改善点は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事