• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯最長身の山根恵里奈 “弱点克服”でなでしこ正GK奪取へ

 成長させるには絶好の舞台だ。

 サッカー女子W杯1次リーグC組の日本代表は12日(日本時間13日)、第2戦でカメルーンと対戦する。日本が勝ち、スイスがエクアドルを破れば日本の1次リーグ突破が決まる。

 そのカメルーン戦のゴールは誰が守るのか?初戦のスイス戦は山根恵里奈(24)がW杯無失点デビューを果たしたが、佐々木監督は対戦相手に応じて、山根、海堀(28)、福元(31)の3人を使い分けるというが、現地では「長身の山根が守護神になれば大きな戦力になる。このまま使い続けて育てるべき」との声が少なくない。

 身長187センチの山根は、出場24カ国の全選手の中で最高タイ。男子代表の川島より2センチ高く、日本選手には珍しい超大型GKだ。中2で将来のGK養成を目指す「スーパー少女プロジェクト」のメンバーに選ばれた。引っ込み思案でおとなしい性格から、積極的に飛び出してのセーブやキャッチが大の苦手。DFに対しても大声で指示することができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る