決勝Tでオランダと激突 なでしこ佐々木監督はいくら稼ぐ?

公開日: 更新日:

 女子サッカーW杯1次リーグで全勝し、決勝トーナメントに進出した日本代表。

 チームを率いる佐々木則夫監督(57)の年俸は前回W杯優勝時、600万円といわれていた。当時からは契約を更新しているものの、それでも男子代表のハリルホジッチ監督が2億7000万円というから、恐らくその10分の1にも満たないのではないか。

 しかし、副収入はバカにならない。主にマネジメントをテーマにした講演と女子対象のサッカー教室が、大人気というのだ。

「4年前にW杯を制した直後は、講演の依頼が殺到。線引きが必要な事情もあって、講演1回で100万円が最低ラインだったといいます。今はそこまでの値段はしないにしても、50万円程度は必要でしょう。サッカー教室にしてもだいたい同額か、それ以上とみられています。今回のW杯終了後の8~10月は、すでに講演やサッカー教室の予定がびっしり詰まっているらしい」(サッカー担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る