伊東監督も呆れ顔 ロッテ助っ人ナバーロが特大バズーカ弾

公開日: 更新日:

 ロッテの新助っ人ナバーロ(28)がケタ外れの本塁打で広島ナインの度肝を抜いた。

 3点リードの八回、この日3タコのナバーロがバットを振りぬくと、打球は左翼へ一直線。打った瞬間にそれとわかる打球はグングン伸び、スタンドに落ちる気配すらない。秒速8メートルの向かい風すらものともせず、QVCマリンフィールドを覆う外壁の頂点、照明のやや下にぶち当たる150メートル弾だった。

 ナバーロは春季キャンプ中、バッグから拳銃の実弾が見つかり、銃刀法違反容疑で逮捕された。本人に悪気はなく、母国ドミニカでは拳銃所持が合法という事情もあり、処分保留で釈放。それでも球団からは3月のオープン戦を含め、開幕4週間の出場停止処分を科されていた。

 そんな助っ人が見せた特大弾に、伊東監督も「あそこまで飛ばさなくていいのに」と呆れ顔。この男の武器はピストルなんて豆鉄砲じゃない。大口径のバズーカを隠し持っていたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る