伊東ロッテ困った…開幕23試合「ナバーロ不在」の大誤算

公開日: 更新日:

 伊東監督にとって大誤算だったのが新外国人ナバーロ(28)の離脱だ。キャンプ終了直後にバッグの中から実弾が見つかり、銃刀法違反で現行犯逮捕された。これにより、3月中の全試合と公式戦の開幕から4週間の出場停止となった。

 最速でも試合に出られるのは二軍で4月9日の楽天戦以降。公式戦は同22日以降となるため、一軍では開幕から23試合は出られない。

 パワーヒッターに狙いを定め獲得した大砲候補は、昨季韓国で48本塁打、137打点の実績があり、伊東監督はデスパイネと清田との3人による中軸を考えていたはずだ。オープン戦が始まるやいなや、2試合連続弾で伊東監督を喜ばせた。

 4番を打つはずだったナバーロが序盤にいないことは、ライバル球団にとってはありがたい。

「実戦を見る機会は少なかったが、パワーはデスパイネ以上だし、日本の投手への対応力もありそう。やっかいな打者と見ている。守備に関しては肩がめっぽう強く、二塁と三塁が守れるし、韓国で2年連続で20盗塁以上しているように足もそこそこ速いからね。この選手がいるのといないのとでは、まったく違うよ」(ある球団スコアラー)

 ロッテはナバーロがいない23試合をどうしのぐかにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る