伊東ロッテ困った…開幕23試合「ナバーロ不在」の大誤算

公開日:  更新日:

 伊東監督にとって大誤算だったのが新外国人ナバーロ(28)の離脱だ。キャンプ終了直後にバッグの中から実弾が見つかり、銃刀法違反で現行犯逮捕された。これにより、3月中の全試合と公式戦の開幕から4週間の出場停止となった。

 最速でも試合に出られるのは二軍で4月9日の楽天戦以降。公式戦は同22日以降となるため、一軍では開幕から23試合は出られない。

 パワーヒッターに狙いを定め獲得した大砲候補は、昨季韓国で48本塁打、137打点の実績があり、伊東監督はデスパイネと清田との3人による中軸を考えていたはずだ。オープン戦が始まるやいなや、2試合連続弾で伊東監督を喜ばせた。

 4番を打つはずだったナバーロが序盤にいないことは、ライバル球団にとってはありがたい。

「実戦を見る機会は少なかったが、パワーはデスパイネ以上だし、日本の投手への対応力もありそう。やっかいな打者と見ている。守備に関しては肩がめっぽう強く、二塁と三塁が守れるし、韓国で2年連続で20盗塁以上しているように足もそこそこ速いからね。この選手がいるのといないのとでは、まったく違うよ」(ある球団スコアラー)

 ロッテはナバーロがいない23試合をどうしのぐかにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る