二軍に3人もいるのに…オリ7人目助っ人クラークの期待値

公開日: 更新日:

 19日、オリックスのマット・クラーク(29、右投げ左打ち)が入団会見を行った。13年は中日に所属し、25本塁打、70打点も打率.238、リーグワーストの130三振。それでも本人は、「今は三振は減った。勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 横田球団副本部長は「打率が最下位(.247)なので、何とかしないといけない。日本での実績もあるので期待している」と話したが、これでオリックスの助っ人は7人目。さらに言えば、先発のディクソンと内野手のブランコ以外の4人はオフからキャンプにかけて獲得した選手。その中で戦力になっているのは、4本塁打のモレルくらいのもの。その点、日本野球の経験者のクラークなら、すぐにでも活躍すると思ったのだろう。

 泥縄オリックスは先が思いやられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る