実弾所持逮捕のナバーロは序の口 ドミニカ“ならず者”列伝

公開日: 更新日:

 ドミニカ共和国出身の助っ人に果たして罪の意識があったのかどうか。

 拳銃の実弾をバッグに忍ばせ、銃刀法違反の疑いで沖縄県警に逮捕されたロッテの新外国人、ヤマイコ・ナバーロ内野手(28)のことだ。

 10年には同じくドミニカ出身のマキシモ・ネルソン投手(当時27)が沖縄で実弾を所持。銃刀法違反で逮捕され、3カ月間の出場停止処分を食らっている。

 ナバーロが「ドミニカの自宅にあった実弾がバッグに入っていたのが分からなかった」と話しているように、ドミニカは拳銃の所持が合法。というか、拳銃で人を撃って殺してしまっても大手を振って野球ができるのだ。

 11年の正月、当時レッズの投手だったアルフレッド・サイモンは故郷のドミニカで年越しパーティーに参加。25歳のいとこを射殺、弟も負傷させて、2日間逃走した末に逮捕された。だが、「遊んでいたときに銃が暴発した」という主張が認められ事故扱いに。たった2カ月間の拘束で、5月にはチームに復帰。この年、先発として4勝9敗の成績を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る