メジャーでは“乱闘要員” 楽天新助っ人ゴームズの腕っぷし

公開日: 更新日:

 最下位脱出を目指す楽天が現役メジャーリーガーを獲得した。

 ロイヤルズからFAとなっていたジョニー・ゴームズ外野手(35=右投げ右打ち)と4日までに基本合意。米FOXスポーツによれば約2億4000万円の年俸に、約1億2000万円の出来高払いがつくという。

 ゴームズは03年にデビルレイズ(現レイズ)でメジャーデビュー。通算13年間で打率2割4分2厘、162本塁打、526打点。昨季はブレーブスとロイヤルズでプレーし、打率2割1分3厘、7本塁打、26打点だった。

 メジャーに定着した05年には自己最多の21本塁打を放ってア・リーグの新人王投票で3位に入ったこともある。

 昨季の楽天は、.241のチーム打率、85本のチーム本塁打、463点のチーム総得点がいずれもリーグ最下位。打線のテコ入れが急務だけに、パワーを備えたゴームズはうってつけの存在だが、米国では腕っぷしの強さと荒っぽい性格で知られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る