• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Sスケート女子も快挙 W杯団体追い抜きで11季ぶり金メダル

 快挙達成だ。

 スピードスケート日本女子がW杯(オランダ)の「女子団体追い抜き(3人制)」で2分58秒06の好タイムをマークし、オランダを破って11季ぶりの優勝を果たした。

 メンバーの高木美帆(21=日体大)が「9割程度の力で飛ばしすぎず、最後まで(ペースを)落とさないように、という作戦だった」と話したように、組織力を生かした。今季W杯では4戦3勝の強さで、2年後の平昌五輪(韓国)での金メダルへの期待が膨らむ。

 日本代表は目下、個人種目のレベルアップに取り組んでいる。この日の出場メンバーで美帆の姉である菜那(23=日本電産サンキョー)は「今はオランダに個人種目では勝てない。そこが上がれば余裕で勝てるようになる」と言う。中長距離ナショナルチームのヘッドコーチには、オランダからヨハン・デビット氏を招へい。個人競技でも力をつけることができれば、平昌でのメダルラッシュも夢じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る