Sスケート女子も快挙 W杯団体追い抜きで11季ぶり金メダル

公開日:  更新日:

 快挙達成だ。

 スピードスケート日本女子がW杯(オランダ)の「女子団体追い抜き(3人制)」で2分58秒06の好タイムをマークし、オランダを破って11季ぶりの優勝を果たした。

 メンバーの高木美帆(21=日体大)が「9割程度の力で飛ばしすぎず、最後まで(ペースを)落とさないように、という作戦だった」と話したように、組織力を生かした。今季W杯では4戦3勝の強さで、2年後の平昌五輪(韓国)での金メダルへの期待が膨らむ。

 日本代表は目下、個人種目のレベルアップに取り組んでいる。この日の出場メンバーで美帆の姉である菜那(23=日本電産サンキョー)は「今はオランダに個人種目では勝てない。そこが上がれば余裕で勝てるようになる」と言う。中長距離ナショナルチームのヘッドコーチには、オランダからヨハン・デビット氏を招へい。個人競技でも力をつけることができれば、平昌でのメダルラッシュも夢じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る