“違法賭博”桃田賢斗の早期復帰を狙う両バド連盟の思惑

公開日:  更新日:

 リオ五輪出場を棒に振った元世界チャンピオンの復帰が早まりそうだ。

 違法賭博に手を出して日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(21)。所属先のNTT東日本による30日間の出勤停止処分が明け、先月30日に練習を再開。当分の間は千葉県内の同社体育館で練習しながら、子供たちに実技指導するなど社会貢献活動に励むという。

 桃田が公式戦に復帰するには日本連盟の理事会による承認が必要だ。まだ21歳と若く、年齢的には20年東京五輪でもメダルを狙える実力の持ち主だけに、日本連盟が飼い殺しにするはずがない。ボランティアなどをさせ、早い段階での復帰を検討しているという。

 日本のバドミントンは、ここ数年、男女とも飛躍的にレベルアップ。高校生以下のジュニア選手には東京五輪でのメダル取りが確実視される逸材も少なくない。五輪出場枠はその年の5月上旬に発表される世界バドミントン連盟(BWF)のランキングによって決まる。東京五輪のシングルスは最大で3つの出場枠(開催国枠含む)を取って、表彰台独占を狙うとか。そのために桃田は欠かせない存在らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る