“違法賭博”桃田賢斗の早期復帰を狙う両バド連盟の思惑

公開日: 更新日:

 リオ五輪出場を棒に振った元世界チャンピオンの復帰が早まりそうだ。

 違法賭博に手を出して日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(21)。所属先のNTT東日本による30日間の出勤停止処分が明け、先月30日に練習を再開。当分の間は千葉県内の同社体育館で練習しながら、子供たちに実技指導するなど社会貢献活動に励むという。

 桃田が公式戦に復帰するには日本連盟の理事会による承認が必要だ。まだ21歳と若く、年齢的には20年東京五輪でもメダルを狙える実力の持ち主だけに、日本連盟が飼い殺しにするはずがない。ボランティアなどをさせ、早い段階での復帰を検討しているという。

 日本のバドミントンは、ここ数年、男女とも飛躍的にレベルアップ。高校生以下のジュニア選手には東京五輪でのメダル取りが確実視される逸材も少なくない。五輪出場枠はその年の5月上旬に発表される世界バドミントン連盟(BWF)のランキングによって決まる。東京五輪のシングルスは最大で3つの出場枠(開催国枠含む)を取って、表彰台独占を狙うとか。そのために桃田は欠かせない存在らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る