• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンマー室伏広治 2年ぶり復帰の裏に“恩人”JOC会長の危機

「日本選手権出場に向けて、エントリーの手続きを踏んでいます」

 アテネ五輪ハンマー投げ金メダルの室伏広治(41)が力強く言った。

 24日に行われた日本陸連の理事会に出席後、6月に行われるリオ五輪選考会を兼ねた陸上日本選手権への出場を表明。室伏は14年の同大会を最後に、競技から離れていた。本来ならば出場資格はないものの、陸連の強化委員会の推薦があれば、それもクリアできる。正式に認められれば、実に2年ぶりの実戦復帰だ。

 しかし、なぜこのタイミングなのか。室伏はこれまで日本選手権の出場について、態度を保留し続けていた。復帰理由として「熊本の震災を意識した。私の頑張りが被災地に伝わればいいなと思う」と話したが、熊本地震が起きたのは1カ月以上前の4月14日だ。室伏自身は熊本と縁もゆかりもない。それだけに、なおさらとってつけたような感が否めないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る