• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンマー室伏広治 2年ぶり復帰の裏に“恩人”JOC会長の危機

「日本選手権出場に向けて、エントリーの手続きを踏んでいます」

 アテネ五輪ハンマー投げ金メダルの室伏広治(41)が力強く言った。

 24日に行われた日本陸連の理事会に出席後、6月に行われるリオ五輪選考会を兼ねた陸上日本選手権への出場を表明。室伏は14年の同大会を最後に、競技から離れていた。本来ならば出場資格はないものの、陸連の強化委員会の推薦があれば、それもクリアできる。正式に認められれば、実に2年ぶりの実戦復帰だ。

 しかし、なぜこのタイミングなのか。室伏はこれまで日本選手権の出場について、態度を保留し続けていた。復帰理由として「熊本の震災を意識した。私の頑張りが被災地に伝わればいいなと思う」と話したが、熊本地震が起きたのは1カ月以上前の4月14日だ。室伏自身は熊本と縁もゆかりもない。それだけに、なおさらとってつけたような感が否めないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る