Sスケート女子躍進 選手が「目からウロコ」の練習法とは

公開日:  更新日:

 女子スピードスケート勢が気を吐いている。

 高木美帆(21)が先のドイツW杯第3戦の団体追い抜きで日本の11季ぶり優勝に貢献。個人種目でも1000メートル、1500メートル、3000メートルで10位以内に。「表彰台との差は縮まっている」と話した。小平奈緒(29)は14~15年シーズンのW杯500メートルで総合優勝。日本の女子がこの種目で優勝したのは24年ぶりだ。

 大躍進の裏で見逃せないのはオランダ人指導者の存在だろう。オランダは言わずと知れたスケート大国。小平は昨年のソチ五輪後、練習の拠点をオランダに移してブレーク。高木を含む日本代表勢も新たに就任したオランダ人コーチのもと、何度も自己ベストを更新している。

 オランダ人コーチが彼女たちを教えるうえで大きなポイントは、試合で100%の力を出すための練習や調整方法だという。心拍数を上げ、回復具合を見ながらインターバルを繰り返す。本番でベストの力を発揮するためのノウハウに、彼女たちは目からウロコが落ちる思いだったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る