日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Sスケート女子躍進 選手が「目からウロコ」の練習法とは

 女子スピードスケート勢が気を吐いている。

 高木美帆(21)が先のドイツW杯第3戦の団体追い抜きで日本の11季ぶり優勝に貢献。個人種目でも1000メートル、1500メートル、3000メートルで10位以内に。「表彰台との差は縮まっている」と話した。小平奈緒(29)は14~15年シーズンのW杯500メートルで総合優勝。日本の女子がこの種目で優勝したのは24年ぶりだ。

 大躍進の裏で見逃せないのはオランダ人指導者の存在だろう。オランダは言わずと知れたスケート大国。小平は昨年のソチ五輪後、練習の拠点をオランダに移してブレーク。高木を含む日本代表勢も新たに就任したオランダ人コーチのもと、何度も自己ベストを更新している。

 オランダ人コーチが彼女たちを教えるうえで大きなポイントは、試合で100%の力を出すための練習や調整方法だという。心拍数を上げ、回復具合を見ながらインターバルを繰り返す。本番でベストの力を発揮するためのノウハウに、彼女たちは目からウロコが落ちる思いだったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事