Sスケート女子躍進 選手が「目からウロコ」の練習法とは

公開日:  更新日:

 女子スピードスケート勢が気を吐いている。

 高木美帆(21)が先のドイツW杯第3戦の団体追い抜きで日本の11季ぶり優勝に貢献。個人種目でも1000メートル、1500メートル、3000メートルで10位以内に。「表彰台との差は縮まっている」と話した。小平奈緒(29)は14~15年シーズンのW杯500メートルで総合優勝。日本の女子がこの種目で優勝したのは24年ぶりだ。

 大躍進の裏で見逃せないのはオランダ人指導者の存在だろう。オランダは言わずと知れたスケート大国。小平は昨年のソチ五輪後、練習の拠点をオランダに移してブレーク。高木を含む日本代表勢も新たに就任したオランダ人コーチのもと、何度も自己ベストを更新している。

 オランダ人コーチが彼女たちを教えるうえで大きなポイントは、試合で100%の力を出すための練習や調整方法だという。心拍数を上げ、回復具合を見ながらインターバルを繰り返す。本番でベストの力を発揮するためのノウハウに、彼女たちは目からウロコが落ちる思いだったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る