吉本入りの岡崎朋美 “スベリ”よりスケートの宣伝に全力投球

公開日:  更新日:

「“スベリ”芸人ではないです」

 そう言って笑わせたのは、98年長野五輪スピードスケート女子500メートル銅メダリストの岡崎朋美(44)。9日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとのマネジメント契約会見を開き、事務所の「先輩」である石井一久(42)と共に出席した。

 現役時代から在籍していた富士急行では、13年の現役引退後から宣伝部次長として勤務していたが、先月いっぱいで退社。

「私には肩書は必要ない。子供が5歳になって少し手が離れたというのもあって、視野を広げたいと思いました。よしもとを選んだのは、イメージと違うところの方が面白いと思ったから。私や清水宏保選手がメダルを取っていた時代はスピードスケートも注目されていたけど、今はちょっと低迷しているので、若い人は(スピードスケートを)知らない。これからはメディアにいっぱい取り上げてもらって盛り上げていきたい」と移籍の理由を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る