吉本入りの岡崎朋美 “スベリ”よりスケートの宣伝に全力投球

公開日:  更新日:

「“スベリ”芸人ではないです」

 そう言って笑わせたのは、98年長野五輪スピードスケート女子500メートル銅メダリストの岡崎朋美(44)。9日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとのマネジメント契約会見を開き、事務所の「先輩」である石井一久(42)と共に出席した。

 現役時代から在籍していた富士急行では、13年の現役引退後から宣伝部次長として勤務していたが、先月いっぱいで退社。

「私には肩書は必要ない。子供が5歳になって少し手が離れたというのもあって、視野を広げたいと思いました。よしもとを選んだのは、イメージと違うところの方が面白いと思ったから。私や清水宏保選手がメダルを取っていた時代はスピードスケートも注目されていたけど、今はちょっと低迷しているので、若い人は(スピードスケートを)知らない。これからはメディアにいっぱい取り上げてもらって盛り上げていきたい」と移籍の理由を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る