リオ重量挙げ銅の三宅宏実が決意 「東京では必ず結果を」

公開日: 更新日:

 リオ五輪重量挙げ女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実(31)。スナッチ81キロ、ジャーク107キロのトータル188キロ。最初の試技であるスナッチで最初の2本を失敗。3本目でようやく成功させ、続くジャークでも2回目で肘が膝に触れる反則を犯し、窮地に。後がない3本目で107キロを挙げ、銀メダルを獲得した12年ロンドン五輪に続いて2大会連続で表彰台に立った。すでに現役続行を表明した三宅にリオでの心境、20年東京五輪に向けた決意を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ジャークの3本目を成功させてメダルが確定すると、4年間の思いが一気に込み上げてきて、思わずバーベルに頬ずりをしていました。12年のロンドン五輪で銀メダルを獲得してからの4年間は泣くことばかりでしたので、苦しい思いから解放された瞬間でした。

「会場では絶対に笑いたい、笑って日本に帰りたい」と思っていました。メダルを取れた瞬間はうれしかったのですが、実はリオ五輪は思い出したくない試合なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る