日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1回で200グラム落ちる…三宅宏美が明かした驚愕の減量法

 体重によって階級が決まる競技では減量を苦にする選手が少なくない。レスリングにボクシング、柔道などの格闘技はもちろん、体重ごとに記録設定される重量挙げも同様だ。

 各選手とも大会直前になると食事の量を減らす上に、サウナスーツを着込んでランニングするなど汗をかいて体重を絞るのが一般的だ。計量直前までトイレにこもって尿を絞り出し、グラム単位で減量を強いられるケースも多々ある。

 そんな中、驚愕の方法を実践しているのがリオ五輪重量挙げ女子48キロ級銅メダルの三宅宏実(30)だ。

 8日は全国の歯科医師が選ぶ「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席、減量に関するこんなエピソードを明かした。12年ロンドン五輪ではそれまでの53キロ級から1階級下げた48キロ級で銀メダルを獲得したが、毎回、大会前に体重を約1キロ落とすという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事