1回で200グラム落ちる…三宅宏美が明かした驚愕の減量法

公開日: 更新日:

 体重によって階級が決まる競技では減量を苦にする選手が少なくない。レスリングボクシング柔道などの格闘技はもちろん、体重ごとに記録設定される重量挙げも同様だ。

 各選手とも大会直前になると食事の量を減らす上に、サウナスーツを着込んでランニングするなど汗をかいて体重を絞るのが一般的だ。計量直前までトイレにこもって尿を絞り出し、グラム単位で減量を強いられるケースも多々ある。

 そんな中、驚愕の方法を実践しているのがリオ五輪重量挙げ女子48キロ級銅メダルの三宅宏実(30)だ。

 8日は全国の歯科医師が選ぶ「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席、減量に関するこんなエピソードを明かした。12年ロンドン五輪ではそれまでの53キロ級から1階級下げた48キロ級で銀メダルを獲得したが、毎回、大会前に体重を約1キロ落とすという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る