1回で200グラム落ちる…三宅宏美が明かした驚愕の減量法

公開日: 更新日:

 体重によって階級が決まる競技では減量を苦にする選手が少なくない。レスリングにボクシング、柔道などの格闘技はもちろん、体重ごとに記録設定される重量挙げも同様だ。

 各選手とも大会直前になると食事の量を減らす上に、サウナスーツを着込んでランニングするなど汗をかいて体重を絞るのが一般的だ。計量直前までトイレにこもって尿を絞り出し、グラム単位で減量を強いられるケースも多々ある。

 そんな中、驚愕の方法を実践しているのがリオ五輪重量挙げ女子48キロ級銅メダルの三宅宏実(30)だ。

 8日は全国の歯科医師が選ぶ「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席、減量に関するこんなエピソードを明かした。12年ロンドン五輪ではそれまでの53キロ級から1階級下げた48キロ級で銀メダルを獲得したが、毎回、大会前に体重を約1キロ落とすという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る