1回で200グラム落ちる…三宅宏美が明かした驚愕の減量法

公開日:  更新日:

 体重によって階級が決まる競技では減量を苦にする選手が少なくない。レスリングにボクシング、柔道などの格闘技はもちろん、体重ごとに記録設定される重量挙げも同様だ。

 各選手とも大会直前になると食事の量を減らす上に、サウナスーツを着込んでランニングするなど汗をかいて体重を絞るのが一般的だ。計量直前までトイレにこもって尿を絞り出し、グラム単位で減量を強いられるケースも多々ある。

 そんな中、驚愕の方法を実践しているのがリオ五輪重量挙げ女子48キロ級銅メダルの三宅宏実(30)だ。

 8日は全国の歯科医師が選ぶ「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席、減量に関するこんなエピソードを明かした。12年ロンドン五輪ではそれまでの53キロ級から1階級下げた48キロ級で銀メダルを獲得したが、毎回、大会前に体重を約1キロ落とすという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る