高梨は“親離れ”できるか 誰も口にできない沙羅パパの評判

公開日: 更新日:

 ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(20)にとって、2016年は「メークデビューイヤー」。長いまつげ、茶髪にネイル……大会や強化合宿であか抜けた容姿を披露すると、「急にキレイになった」と話題になった。大会や公開合宿には、スポンサーである資生堂の美容部員がヘアメークとしてピッタリくっついているというから、すっかり女優だ。

 大人の階段を上る高梨は今後、別の階段も上る必要がありそうだ。それは、指導を受ける元スキージャンパーである父親からの「卒業」だ。

 14年に高梨が飛び級入学した日本体育大学では、1年間スキー部に入部すらせず、2年から所属するもインカレなどの大会にも一切出場させなかった。これに日体大が激怒。高梨の入部後にスキー部コーチに就任した父親は、昨年9月に解任された。

「高梨のスポンサーは現在7社。これだけで父親が年間で手にするのは約2000万円。日体大コーチの給料は年に約900万円。大学に目もくれないのも納得です」(広告代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る