高梨は“親離れ”できるか 誰も口にできない沙羅パパの評判

公開日: 更新日:

 ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(20)にとって、2016年は「メークデビューイヤー」。長いまつげ、茶髪にネイル……大会や強化合宿であか抜けた容姿を披露すると、「急にキレイになった」と話題になった。大会や公開合宿には、スポンサーである資生堂の美容部員がヘアメークとしてピッタリくっついているというから、すっかり女優だ。

 大人の階段を上る高梨は今後、別の階段も上る必要がありそうだ。それは、指導を受ける元スキージャンパーである父親からの「卒業」だ。

 14年に高梨が飛び級入学した日本体育大学では、1年間スキー部に入部すらせず、2年から所属するもインカレなどの大会にも一切出場させなかった。これに日体大が激怒。高梨の入部後にスキー部コーチに就任した父親は、昨年9月に解任された。

「高梨のスポンサーは現在7社。これだけで父親が年間で手にするのは約2000万円。日体大コーチの給料は年に約900万円。大学に目もくれないのも納得です」(広告代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る