浅田真央惨敗も 視聴率20.3%が予感させた“引退”の現実味

公開日: 更新日:

 25日に終わった全日本フィギュア選手権の視聴率が26日、ビデオリサーチから発表された。24日が平均14.3%、25日は平均14.1%(すべて関東地区)。そして、瞬間最高視聴率を出したときリンクで滑走していたのは、優勝した宮原知子(18)でも宇野昌磨(19)でもない、ジャンプを何度も失敗した浅田真央(26)だった。

 瞬間最高は24日が20.3%(21時14分)、25日が16.8%(20時2分)。いずれも真央の演技中だった。ちなみに昨年の同大会の視聴率は平均20.6%で、瞬間最高は28.8%。これも真央が滑っている場面での数字だった。

 視聴率そのものは昨年に比べて下がったものの、真央の人気は相変わらず高い。昨季から左ひざの不安を抱え、シーズン前半は大幅に調整が遅れていた。それでも封印していたトリプルアクセル(3A)を解禁。今年の最終戦で3Aを成功させ、完全復活する真央の姿を見たい……高い視聴率は、そんなファンの期待の表れだったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る