浅田真央惨敗も 視聴率20.3%が予感させた“引退”の現実味

公開日: 更新日:

 25日に終わった全日本フィギュア選手権の視聴率が26日、ビデオリサーチから発表された。24日が平均14.3%、25日は平均14.1%(すべて関東地区)。そして、瞬間最高視聴率を出したときリンクで滑走していたのは、優勝した宮原知子(18)でも宇野昌磨(19)でもない、ジャンプを何度も失敗した浅田真央(26)だった。

 瞬間最高は24日が20.3%(21時14分)、25日が16.8%(20時2分)。いずれも真央の演技中だった。ちなみに昨年の同大会の視聴率は平均20.6%で、瞬間最高は28.8%。これも真央が滑っている場面での数字だった。

 視聴率そのものは昨年に比べて下がったものの、真央の人気は相変わらず高い。昨季から左ひざの不安を抱え、シーズン前半は大幅に調整が遅れていた。それでも封印していたトリプルアクセル(3A)を解禁。今年の最終戦で3Aを成功させ、完全復活する真央の姿を見たい……高い視聴率は、そんなファンの期待の表れだったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る