OP戦初戦は無安打も…イチロー「プレーできる感触得た」

公開日:  更新日:

 守備練習中の同僚選手との接触で右膝などを痛めていたイチロー(43)が5日(日本時間6日)のアストロズ戦(フロリダ州ジュピター)に「8番・DH」でオープン戦初出場。2打数無安打、1四球、1得点だった。八回に四球で出塁すると、代走を送られて退いた。

 第1打席で名前がコールされるとスタンドから大きな歓声を浴びたイチローは「だからといって100(%)でいくわけにはいかない。今日は抑えめにいかないと」と試運転を強調した。

 二回の第1打席で見逃し三振を喫すると、四回は甘いコースを引っ掛けて遊ゴロに倒れた。しばらく別メニューでの調整を強いられてきただけにイチローは「僕にとって大きな一歩。何とかプレーできる感触を得たことが大きい」と収穫を口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る