仕上がり順調マー君 メジャー通が見た今オフFAのノルマ

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が28日(日本時間1日)のタイガース戦にオープン戦初登板。2回を無安打無失点だった。3年連続の登板が決まっている開幕マウンド(4月2日のレイズ戦)に向け、まずは順調な仕上がりぶりを披露した。

 この田中の契約には今季終了後、残り3年の契約を自ら破棄するオプトアウト条項が盛り込まれている。オプトアウトの行使は最近では15年オフのドジャース・グリンキーのケースがある。グリンキーは残り3年の契約(年平均約27億円)を破棄して、ダイヤモンドバックスと新たに年平均42億円の6年契約を交わした。

 現在の契約で田中の年俸は19年までが2200万ドル(約24億8000万円)、20年が2300万ドル(約25億9000万円)。今季の成績次第で、契約を破棄して今以上の年俸を手にする可能性もあるのか。あるとすれば、今季はどの程度の数字がノルマになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  6. 6

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  7. 7

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る