錦織3回戦敗退で16強ならず “鬼門”の芝で格下相手に自滅

公開日:  更新日:

 力負けだった。

 今大会第9シードの錦織圭(27=世界ランク9位)は3回戦で、過去4戦全勝のロベルト・バウティスタ(29=スペイン・第18シード)と対戦。セットカウント1―3で敗退した。

 昨年の錦織は4回戦途中に左脇腹痛で棄権。一昨年も左足を痛めて2回戦を棄権した。ベスト16が最高の大会で、当然今年は上位を狙うつもりだったが、「スペインのトップ3」に入るクレバーな相手にいきなり2セットを落とす。

 第3セットは奪い返し、第4セットも連取したいところ。序盤は優位に立つも、第4ゲームでブレークを許し、第6ゲームでは審判に「20秒ルール」の警告を受け、クレームをつける一幕もあった。これでイライラが募り、ゲーム途中にラケットを壁に思い切り投げつけた。冷静さを欠いた錦織はその後自滅。このセットを落としコートを去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る