• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビッグ4の壁厚く 全仏8強止まり錦織「プロ10年目」の現実

 やはり「ビッグ4」の壁は厚かった。

 世界ランキング9位で第8シードの錦織圭(27)は、準々決勝で同1位のアンディ・マリー(30=英国)と対戦。1―3で敗れ、日本男子では1933年の佐藤次郎以来となる、84年ぶりの準決勝進出はならなかった。

 勝負の分かれ目は第3セット。タイブレークにもつれ込むと、それまでとは別人のようにミスを連発。1ポイントも奪えずこのセットを落とした直後、ラケットを地面に叩きつけて悔しがった。

「2セット以降から少し焦りだした。一番悔いが残るのは(第3セットの)タイブレーク。もったいないミスばかりだった。集中力を持続して攻撃的にプレーできていれば、戦況は変わっていた」

 こう語った錦織は今年でプロ10年目。マスターズ初優勝を再び目標に掲げ、「4大大会でも常にベスト4に入っていきたい」とも言った。しかし、相変わらず故障が多く、3月には右手首を痛めてバルセロナOPを欠場。マドリードOPも準々決勝のジョコビッチ(30=セルビア=同2位)戦を棄権した。この日の試合前にも、左の股関節を痛めているという情報があった。試合中は左足を気にするそぶりは見せず無事に戦い抜いたものの、マリーの粘りとタフなメンタルにはかなわなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る