錦織&チャン師弟関係続く理由 テニスジャーナリスト分析

公開日: 更新日:

 その声を封じることができるか。

 錦織圭(27)は3月のマイアミOPで右手首を痛め、4月下旬のバルセロナOPを欠場。約1カ月半ぶりに復帰する今週のマドリードOPは第6シードでの出場となったが、右手首にはテーピングがされており、故障は完治していないようだ。

 錦織は8日発表の世界ランキングで7位から8位へ後退した。

 2014年の全米OP準優勝で日本中を沸かせた錦織も、その後は4大大会の決勝進出はなく、マスターズにも勝っていない。世界ランクは4位が最高で、近年は故障による棄権や欠場も少なくない。

 日刊ゲンダイは昨年12月15日付の記事「2017年 錦織の課題は肉体改造よりチャンとの決別」で、テニス関係者の意見を紹介しながら、13年12月から錦織を教えているマイケル・チャン(45)の指導力に疑問を呈した。その記事でも指摘したことだが、一流選手たちはコーチをよく代える。五輪を連覇したマリー(29)は昨季途中、元女子世界1位のモレスモと別れ、レンドルを2年ぶりにコーチ陣に加えて世界ランク1位を奪取。同2位のノバク・ジョコビッチ(29)も、ベッカーらとの契約を解消し、いまは新コーチを探している。同5位のラファエル・ナダル(30)も今季から、ラオニッチ(26=同6位)の元コーチと契約。ロジャー・フェデラー(35=同4位)も昨年、エドバーグからリュビチッチにコーチを代えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る