錦織&チャン師弟関係続く理由 テニスジャーナリスト分析

公開日:

 その声を封じることができるか。

 錦織圭(27)は3月のマイアミOPで右手首を痛め、4月下旬のバルセロナOPを欠場。約1カ月半ぶりに復帰する今週のマドリードOPは第6シードでの出場となったが、右手首にはテーピングがされており、故障は完治していないようだ。

 錦織は8日発表の世界ランキングで7位から8位へ後退した。

 2014年の全米OP準優勝で日本中を沸かせた錦織も、その後は4大大会の決勝進出はなく、マスターズにも勝っていない。世界ランクは4位が最高で、近年は故障による棄権や欠場も少なくない。

 日刊ゲンダイは昨年12月15日付の記事「2017年 錦織の課題は肉体改造よりチャンとの決別」で、テニス関係者の意見を紹介しながら、13年12月から錦織を教えているマイケル・チャン(45)の指導力に疑問を呈した。その記事でも指摘したことだが、一流選手たちはコーチをよく代える。五輪を連覇したマリー(29)は昨季途中、元女子世界1位のモレスモと別れ、レンドルを2年ぶりにコーチ陣に加えて世界ランク1位を奪取。同2位のノバク・ジョコビッチ(29)も、ベッカーらとの契約を解消し、いまは新コーチを探している。同5位のラファエル・ナダル(30)も今季から、ラオニッチ(26=同6位)の元コーチと契約。ロジャー・フェデラー(35=同4位)も昨年、エドバーグからリュビチッチにコーチを代えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る