• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位打者の宮崎も大台届かず ベイは来季も最低年俸当確か

 5日、来季のDeNAシーズンシート5400席が発売から77日で完売。球団史上最速を更新した。今季、DeNAの観客動員数は史上最多の197万9446人。試合ではシーズン3位からの下克上を達成し、日本シリーズでもパ王者のソフトバンクを苦しめた。

 成績、球団収入、人気はうなぎ上り。それが契約更改に反映されなければおかしい。実際、ここまで20%以上のダウン選手はゼロ。ホクホク更改の雰囲気が立ち込めているが、そうは問屋が卸さない。

 現状で助っ人と新加入の大和(3年3億円)を除き、大台に乗ったのは3500万円増の1億2800万円でサインした梶谷だけ。残る高額プレーヤーはきょう更改する筒香だが、タイトルはおろか「3割30本」をクリアできず、3億円からのダウンが予想される。首位打者の宮崎は大台に届かず5000万円増の8000万円。あとは8000万円の山崎康が1億円に乗るかどうか、といったところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る