広島やDeNAにも浸透 他球団との「なれ合い禁止」進むワケ

公開日:

「チームとしては一線を引く必要がある」

 そう話したのは、ヤクルトの小川新監督。さる2日、地元・千葉県の講演会での一言だ。ヤクルトは今季、リーグ最下位に低迷。原因のひとつが「ファミリー球団」という甘い体質にあるといわれてきたが、4年ぶりに現場復帰した小川監督はここにきて、他球団とのなれ合い禁止を宣言。「昔は他球団の選手と口を利くなと言われたが、最近の選手は12球団で横のつながりが強い」と球界の環境変化にも言及した。

「横のつながり」はWBCやオフの合同自主トレなどの交流がきっかけとなる。シーズン中もセ・パ交流戦で異なるリーグ選手との接触機会も増え、携帯電話やSNSの普及で、その輪はさらに広がりを見せている。試合前の練習で、出身校の先輩、後輩や親交のある者同士がグラウンドで長時間話し込んだり、試合中に走者と相手チームの一塁手が笑顔でちょっかいをかけ合うのは、もはや見慣れた光景だ。他球団の選手やスタッフ同士で食事をした楽しげな様子がSNSにアップされることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る