下克上でも…DeNAホクホク更改に“待った”かけるトラウマ

公開日:

 そう簡単にはいかないようだ。

 19年ぶりに日本シリーズへ進出したDeNA。クライマックスシリーズ(CS)では広島に勝ち、下克上を果たした。日本シリーズでも3連敗から2連勝と粘りを見せたこともあり、選手は当然、ホクホクの契約更改を期待しているだろう。

 首位打者の宮崎(年俸3000万円)、日本シリーズで2試合連続2ケタ奪三振の活躍を見せた今永(4000万円)などは大幅アップが確実。しかし、誰でも彼でも大盤振る舞いというわけにはいかない事情がこの球団にはある。

 現在、DeNAでFA権取得済みの選手は石川(海外)と後藤(国内)だけだが、順調にいけば、2年後には梶谷、3年後には井納や筒香といった主力選手が相次いで国内FAの権利を取得する。そのときに備えた資金が必要で、加えて、今オフから横浜スタジアムが大型改修に入る。工費は約85億円。意外と球団内の「金庫」には余裕がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る