下克上でも…DeNAホクホク更改に“待った”かけるトラウマ

公開日: 更新日:

 そう簡単にはいかないようだ。

 19年ぶりに日本シリーズへ進出したDeNA。クライマックスシリーズ(CS)では広島に勝ち、下克上を果たした。日本シリーズでも3連敗から2連勝と粘りを見せたこともあり、選手は当然、ホクホクの契約更改を期待しているだろう。

 首位打者の宮崎(年俸3000万円)、日本シリーズで2試合連続2ケタ奪三振の活躍を見せた今永(4000万円)などは大幅アップが確実。しかし、誰でも彼でも大盤振る舞いというわけにはいかない事情がこの球団にはある。

 現在、DeNAでFA権取得済みの選手は石川(海外)と後藤(国内)だけだが、順調にいけば、2年後には梶谷、3年後には井納や筒香といった主力選手が相次いで国内FAの権利を取得する。そのときに備えた資金が必要で、加えて、今オフから横浜スタジアムが大型改修に入る。工費は約85億円。意外と球団内の「金庫」には余裕がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る