4年前は久保康流出 阪神がFA大和争奪戦でベイに連敗危機

公開日: 更新日:

「この争奪戦は来季の戦いに影響する」

 ある放送関係者がこう言うのは、FA宣言した大和(30=阪神)を巡り、阪神とDeNAが火花を散らし合っている件についてだ。

 大和は今季100試合に出場し、二塁と遊撃、外野をこなした守備力はリーグ屈指。スイッチに転向した今季は、規定打席未到達ながら打率・280と一定の結果を残した。人的もしくは金銭の補償が必要になるBランクながら、年俸は5000万円。オリックスも獲得に乗り出しそうだ。

 なかでもDeNAにとって大和は、価値が高い選手といえる。

 今季、CSを勝ち抜いて日本シリーズに進出。「今オフの補強次第では来季は優勝を狙える」との声もある。今秋ドラフトでは投手力強化のため、早実の清宮を蹴って左腕の東(立命大)を単独1位指名。昨13日にFA権行使を決断した右腕の野上(西武)の獲得も検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る