決まらない移籍先…前G村田修一が最後にすがる“地元枠”

公開日:  更新日:

 巨人から戦力外通告を受け、他球団での現役続行を目指している村田修一(36)の行き先がなかなか決まらない。24日の球団納会に出席した際に「難しい立ち位置。現役続行を探りながら待っている状況。まだ野球がしたい」と漏らした表情は暗かった。

 昨季は本塁打、打点でチーム2冠。新外国人のマギーに三塁を奪われた今季も、夏場からマギーが二塁に回り、共存することで、三塁のポジションを取り返した。今季は打率.262、14本塁打、58打点。昨季ゴールデングラブ賞を獲得した堅実な守備もあって、争奪戦になるともっぱらだった。それが、可能性があるとみられていた球団が次々とベタ降りしているのだ。

 古巣DeNAの高田GMが「三塁には首位打者の宮崎がいるし、一塁にもロペスがいる」と獲得を否定したのを皮切りに、ロッテ、ヤクルト、濃厚とみられていた楽天も、星野球団副会長が「若いのが育っているし、興味あるけど興味ない」と発言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る