• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー成功のカギ エンゼルス大谷は“器用さ”が武器に

 エンゼルスの大谷翔平は5日(日本時間6日)のレッズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6日ぶりに実戦で打席に立ったが、3打数無安打だった。打者として3戦目の実戦は、第1打席で相手先発右腕ロマノの変化球を捉えて左中間への強烈な当たりを放ったが、中堅手ハミルトンがダイビングキャッチ。相手の好捕に阻まれて長打はならなかった。

 三回の第2打席は1死二塁から三ゴロ、第3打席は2死二塁の場面で2番手左腕クロケットの前に遊ゴロに倒れた。2打席連続で得点機を生かせなかったが、バットは振れているようだ。

 ◇  ◇  ◇

 その大谷は徐々にだが、メジャーのボールや環境に適応している。

 日本時間3日の前回登板は、打者12人から5者連続を含む8奪三振。同25日の初登板でまったくといっていいくらい制球できなかったスライダーを、ストライクゾーンにコントロールすることができた。暴投やスッポ抜けはあったものの、滑りやすいメジャー公認球や傾斜のきついマウンドに対処できるようになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る